読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国人の好きな色

中国に行って街中を歩いているとと、比較的すぐに目に付くものがある。

それは何か?

 

答えは、真っ赤な横断幕だ。

 

彼らにとっての横断幕は、店の宣伝や会社のスローガン掲示など

生活と密接に関わっている。

集会やイベントでも横断幕を用意することがあるから、よっぽど

なじみがあるものなのだろう。

ここら辺の感覚の違いは、日本人として結構面白いものがある。

 

でもそれ以上に面白いのは、中国の横断幕が「常に赤い」ことだ。

彼らはいつも赤の生地に黄色い文字で何かを書く。

 

以前、中国人に「なぜ横断幕はいつも赤いのか?」と聞いたことがあった。

彼らの返事はこうだ。

「赤は情熱の色だから、中国人はみんな好きです。」

なるほどなー、と納得すると同時に少し違和感がある。

 

たとえば、日本人が好きな色は何だろうか?

赤・黄色・緑・青といった色は浮かぶが、

いわゆる「国民色」とでも呼ぶべき色は見つからない。

 

そう考えると、彼らが発した「中国人はみんな好き」という言葉には、

若干の違和感を感じないだろうか?

 

(ちなみに余談だが、戦隊ヒーローのリーダーが常に赤いのは、

ゴレンジャー放送開始前に、子どもたちにアンケートを採った結果だそうだ。

つまり、男の子と女の子、どちらも当時は赤が一番好きな色だったらしい。

そう考えると、赤が良い理由も分からないではない。)

 

僕が思うに、「赤」といえば共産党を象徴する色だ。

だからこそ、彼らの生活に赤がなじむのは当然のことなんだと思う。

それが、中国の横断幕がいつも赤い理由だ。

でも彼らは「赤=情熱の色」と表現する。

ここに、共産党の影響力の低下とともに、彼らの中に暗に漂う「合理化」のロジックが見え隠れしているようでならない。

 

町中に赤が多いのは何でだろう?情熱の色だからかな?

うん、きっとそうだろう。そうに違いない。

 

でも僕らだって、こういう思考に慣れているはずだ。

たとえば、「日本の伝統」。

 

僕たちは男が働き、女が家を守るという思考に慣れている。

正月に初詣に行くのも当たり前だ。

 

しかし、そういう家族の形は比較的新しく出来たものだし、

初詣はもともと鉄道会社が発案したイベントらしい。

 

現状の風習や習慣を是として、その理由を後付けで考えるのは簡単だ。

しかし時には、その身近な慣習を意識して、

その理由を考えてみる必要があるのかもしれない。

 

中国にて、そんなことを考えた。